FC2ブログ

Click My Heart

The life is beautiful with full of exciting people.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wilhelm Reich について

The Strange Case of Wilhelm Reich 2012 movie

・・・・・・・・・・・・・・・・・
Who Was Dr. Wilhelm Reich?
Reich’s Point’s of Departure from Freud
Sigmund Freud's Best Pupil and His Descent Into Madness
Wilhelm Reich and Orgone Energy
ORGONE ENERGY 「見えない鳥の存在」
・・・・・・・・・・・・・・・・
Orgone Energy -- A breakthrough that has already happened


スポンサーサイト

Nikola Tesla

The Missing Secrets Of Nikola Tesla : You Tube
ニコラ テスラの悲劇 ~歴史に消された科学者~
~電気の魔術師~ 発明超人ニコラ・テスラ

追記:2012年4月7日
 UFOs, Nikola Tesla, Free Energy and Antigravity Technology 
追記:2012年4月9日
The History of Nikola Tesla   a Short Story 
追記:2012年4月13日
Nikola Tesla 総記

//////////////////////////////////////

Nikola Teslaの才能にも驚いたけれど
(Nikola TeslaはFree Energyを既に構想出来ていたのではないかと思う)
この日系人の才能も凄い、この人の
頭の中を覗けば、未来はバラ色
こういう発想ができるということだけでも素晴らしい。
Dr. Michio Kaku - PHYSICS OF THE FUTURE
Michio Kaku official web site

Hirotaka Takeuchi and Ikujiro Nonaka


Hirotaka Takeuchi and Ikujiro Nonaka, authors of the HBR article "The Wise Leader," explain how the best executives strive for the common good.
Hirotaka Takeuchi and Ikujiro Nonaka
世界を動かす頭脳、とも呼ぶべき日本の学者お二人、存在を知らなかったので、この司会者のまるで神をみるように恐れおののく表情に吃驚した。はっきり言って私の弱い部門なので、どのように優れているのかわからないが、すでにその研究で世界的に日本の名声まで高めておられる存在であることは、司会者のまなざしから充分に読み取れる。同じ日本人としてお二人の存在をここに紹介したい。

参照:菊澤研宗のBlog
参照:Dawna Maclean:

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

Sigmund Freud & Adam Curtis

高校生の時に出会って、あらゆる分野で大きな影響を受けた。

Sigmund Freud Documentary Pt. 1
Sigmund Freud Documentary Pt. 2
Sigmund Freud Documentary Pt. 3
////////////

偶然こういうBBCの放送と出合った。
時間が足りなくてまだ一部しか見ていないが(およそ4時間かかる、ちょっと音声が聞き取りにくい)とりあえず以下に置いてみる。
THE CENTURY OF THE SELF: Wikipedia: by Adam Curtis文字紹介  映像 (これは4部からなる)
The Century of the Self - 1 - Happiness Machines
The Century of the Self - 2 -The Engineering of Consent
The Century of the Self-3:“There is a Policeman Inside All Our Heads: He Must Be Destroyed.”
The Century of the Self 4- Eight People Sipping Wine in Kettering

資料:Adam Curtis Films :
資料:Adam Curtis : Wikipedia:
さすがBBCと言うべきか、さすがAdam Curtisと言うべきか、いままでみたことのない独自性のあるFilmだ。Adam Curtisにすっかり興味を持ってしまった。今までこの人の存在を知らなかったのは、遺憾である。BBC及びAdam Curtisに脱帽である。すべての作品を見てみたいが、音声が消されているものがある。

・・・・・追記:2011年12月5日・・・・・
Adam Curtis filmに対する文字資料

Marshall McLuhan

Marshall McLuhan

Marshall McLuhan - 90 Minutes Live - 12-13-1977 - Gzowski
Marshall McLuhan - Take 30 - 04-01-1965 -
Marshall McLuhan - Vintage Modern Problems
Retro: Mailer and McLuhan - 27:57
YouTube : Marshall McLuhan いろいろ
Marshall McLuhan 宝庫 No.1 : No.2 : No.3 :
映画に出演したMarshal McLuhan :
McLuhan 読み物
・・・・・・・・・・
マクルーハンには強く影響を受けた。それで自分ではよく理解しているつもりでいたが、残念ながら、そうではなかったと気づく。マクルーハンがどんな時代をどのように生きてこの独自の考えに辿り着いたのかの考察が全く出来ていなかった。つまり歴史の理解が欠如していたことに気づいた。
今の視点で見ると、話す内容そのものが随分時代がかっていると感じる。テレビからインターネットの時代になっているのだから。しかし待て。視点の方向性はこのままでいいのだ。マクルーハンは現代のインターネットの時代にこそ、もう一度脚光を浴びるべき人物なのだと、上の様々なaudio&visualを見たり聞いたりして強く思った。現代の論壇にはこの切れ味の鋭さがないし、この角度の視点もない。テクノロジーは人間の思考が追いつかないほど急激に抜群に進歩してきた。もう一度引き返して、方向性を確認するためだけにでも、マクルーハンを読み直してみる必要がある。私がアート&テクノロジー に強く惹かれるのも、マクルーハンとの出会いを引きずってきたからなのかもしれない。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。