FC2ブログ

Click My Heart

The life is beautiful with full of exciting people.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jean Michelle Jarre & Charlotte Rampling


どう考えても母親と息子にしか見えない。この二人、2,3年で別れたと思っていた。昨日二人のことを調べてこのペイジを書く事にした。年齢は3歳しか離れていないことを初めて知った。しかもなんと20年も夫婦を続けていたらしい。では何故別れたのだろうか?
Corbis-42-17034313.jpg
出会った時は二人共結婚しており子供もいた。しかしお互いひと目で恋に落ちた。Jean Michelleの方がホテルの電話をその日のうちに彼女に教えたらしい。翌日彼女が彼に電話。そしてホテルで会い、そのまま離れられなくなったそうだ。彼女は離婚。彼も離婚。ただし彼の発言に従うと、彼の結婚生活は既に破綻していて、Charlotteが離婚の直接の原因ではない、とのこと。彼には幼い女の子がいて、離婚に際し彼が引き取った。Charlotteは前夫との子供を連れてきた。そして二人のあいだにも子供が生まれた。そのことも昨日初めて知った。二人の間に子供がいたとは。Charlotteは3人の子供の母親をしたのだ。お互いがお互いにとっての運命の人、というわけだ。
Australie-jarre-rampling-ayers-rock.jpg
Jean Michelleの仕事は快調に進む。どれだけ遠くの国に行っても彼は必ず帰ってきた。新しい家庭を育んだ。10年を何年か過ぎてからだ。Charlotteが精神を病む。鬱病程度なのかノイローゼなのか。Charlotteによると、以前結婚した姉が自殺した。その時は何も感じなかったが、姉の自殺が何年も経ってから突然Charlotteの神経を締付けてきたのだ。Charlotteは精神のバランスを失くす。具体的にはどのような家庭になり、どのような生活が可能だったのか、その苦しみはどの程度のものだったのかはわからない。しかし、主婦が精神を病んだ家庭が楽しい家庭であるわけがない。それでも、なんと8年間、夫であるJean Michelleは妻に尽くし耐えて、とてつもなく大きな仕事をしては、妻のもとに帰った。8年である。しかしついに、そとに女をつくる。Charlotteは男の浮気は頭では理解できる女である。しかし運命の人である、Jean Michelleが自分にとってほかの男と同じような男である筈がない。許せないのだ。Jean Michelleが外に女を作ったことも充分理解できるし、CharlotteがJean Michelleをどうしても許せなかった気持ちもわかる。
newscomsipaphotosthree6.jpg
Jean Michelleはある日、出て行く、とは言わないで出て行ったきり、戻らなかった、戻れなかった。20年。そのあいだに子供たちも大きくなった。二人は離婚する。

面白いモノを見つけた。Jean MichelleのLes Mots BleusをCharlotteが歌っている。Jean Michelleの顔に注目。すでにこの時、ふたりの関係は終わっていたのだろう。家庭をふたりで築いている夫婦の関係は全く感じられない。「さようなら」の投げキッスをしてCharlotteが去っていく。それに対してほとんど感情を込めないでJean Michelleがキッスを返す。この曲は私の大好きなシャンソンの一曲なのだが、こんなに下手くそに歌われたのを今まで聞いたことがない。こんな下手な歌を出てきて歌うあたり、Charlotteが悲しくも精神を病んでいることがおぼろげにわかる。Charlotteは愛をこめた目で、何度かJean Michelleを見ている。Jean Michelleはいささか不審不安又は恐怖を感じているようだ。ドギマギ感、しか感じ取れない。
Jean Michel Jarre Les Mots Bleus Charlotte Rampling 1994
以下の写真は去年エリゼー宮殿での二人。やはり母親と息子にしか見えない。それでもこの写真を見れば二人が家族であった過去は充分感じられる。Charlotteには連れ合いがいる。Jean Michelleはその後再婚したが5年後には離婚している。お相手はNIKITAを演じた女優だった。今は独身だ。
813645-jean-michel-jarre-et-son-ancienne-637x0-2.jpg

追記:2013年1月12日
参照:Les Mots Bleus :Lyrics & Translation:
追記:2013年1月13日
Jean Michel Jarre : Electric Sound

スポンサーサイト

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。